改宗したら永代供養は継続されるのか

改宗したら永代供養は継続されるのか 永代供養は寺や霊園が遺骨の供養や管理を行うもので、少子化が進み墓の継承者がいないケースの多い現代では、この種のお墓を購入する人が増えています。ただ、その場合には注意点もあります。
永代供養墓の場合、宗派や宗旨を問われずに誰でも利用できるようなところが多いのですが、お寺の場合には檀家になることを条件としているところも存在します。そして、そのような場合には、改宗によって檀家でなくなると永代供養の契約が破棄されることになります。ですから、この種の墓を探す場合には、この点について事前によく調べておくことが重要です。そして、改宗の可能性があるような場合は宗派を問わないお墓を探すようにした方が良いでしょう。
また、この他でも永代供養墓では、期限が過ぎた場合は合葬になったり毎年の管理料が必要であるなど、お墓によってかなり条件が違ってくるので、自分の希望条件に合ったところをしっかりと選ぶようにすることが大切です。

永代供養をお願いしている場合の改葬

永代供養をお願いしている場合の改葬 改葬というのは、お墓を変えることです。お墓の引っ越しといったイメージです。もともと先祖代々が供養されているのですから、いろいろな問題が発生します。遺骨を引っ越すことについては、あまり良い感じがするとは限りません。親族の中には反対する人もいて問題が発生する場合が多いようです。
一方、現代的な話題として、永代供養があります。これは、寺院や霊園が永代に亘って供養をする場所と考えて良いでしょう。背景には、お墓は先祖代々承継し維持されてきましたが、今日の少子化や核家族化などで、お墓の継承者がいないということが多く発生し始めていることが挙げられます。そこで、承継を必要としない永代供養が時代背景と合致して急速に普及し始めました。お墓を維持する後継ぎが不在でも、寺院や霊園の管理者に任せきりで良いうえ、必要に応じてお墓参りや法要も可能です。しかし、檀家となっている寺院との問題が発生する場合が最も多いようです。檀家をやめる場合、お布施が必要な場合があります。檀家は毎年一定のお布施を支払う慣習がありますが、これをやめるのですから、その保証といった意味合いでしょう。
永代供養を改葬する場合の問題もあります。永代供養は管理を寺院や霊園に委託しますから、死後に供養の形を変更することが難しいと言えるでしょう。しかし、死後に遺族にお墓のことで迷惑をかけない長所が重視されています。