集合式の永代供養墓のお墓参りの方法

集合式の永代供養墓 永代供養墓には、個別式と集合式があります。集合式の場合は、共同のモニュメントがあって、下に骨壺を納めるスペースがあります。また、そもそも土に骨をかえしてしまって合祀するタイプもあります。これらの永代供養墓のお墓参りの方法は、共通の礼拝スペースを利用してお参りを擦るスタイルになっています。
外にあるタイプであれば、他の人と教養をするという違いは有れど、特に普通の個別式の墓と異なるわけではありません。
建物内部に収めるタイプもあります。この場合も、集合タイプであれば、共通の礼拝スペースで拝む形になっているので、建物内部で行うという違いはあれど、特に通常のお墓と異なることは有りません。お供えに関しては、永代供養の場合は運営しているところがお供えをしているため、特に持っていく必要は有りません。
ただし、場所によってはお供えを置くスペースを用意していて、そこに置くことができるようになっているところもあります。

個別式の永代供養墓のお墓参りの方法

個別式の永代供養墓のお墓参りの方法 永代供養墓は、近年増えています。その理由は、個別のお墓を持つ場合に比べてコストを抑えられるという点や、供養をずっとしてもらえるので、無縁仏にならないという点などが評価されているからです。
永代供養墓にも個別式というものがあります。これは、個別にお墓があるタイプや、遺骨や遺灰を個別に置くことができて、そこにお参りを擦ることができるタイプがあります。
中には、礼拝堂は共通で、内部にコンピューターで個別のお墓が管理されていて、それが選ばれて出てくるというタイプがあります。これは、屋内型のお墓にあるタイプで、その場合は永代供養であっても普通のお墓と同じようにサインパイすることができるので人気があります。
お参りの方法は、外にあるタイプであれば普通とは異なりません。内部にあるタイプであれば、開いている時間内に訪れて参拝をすることになります。参拝の仕方自体も、普通とは異ならず、拝むというのがスタンダートとなります。